松本潤、『ナラタージュ』コメンタリーで“想い”を明かす「今までにないアプローチ」

『ナラタージュ』5月9日(水)BD&DVD発売!豪華版には計180分を超える貴重な特典が収録されている

『ナラタージュ』5月9日(水)BD&DVD発売!豪華版には計180分を超える貴重な特典が収録されている(C)2017「ナラタージュ」製作委員会 発売元:アスミック・エース/KADOKAWA 販売元:東宝

 松本潤が主演、有村架純がヒロインを務めた映画『ナラタージュ』のBlu‐ray&DVDが5月9日に発売される。発売に先立ち、松本と行定勲監督、本作のプロデューサーが、Blu‐ray&DVD豪華版に収録される、オーディオコメンタリーを収録。収録で松本は、「今までにないアプローチ」を行って本作の主人公・葉山を演じたことを明かしている。

続きを読む »

 本作は、「この恋愛小説がすごい!」(2006年版)で第1位に輝いた島本理生による恋愛小説を映画化した作品。演劇部の顧問を務める高校教師の葉山貴司(松本)と、大学2年生の工藤泉(有村)が禁断の恋に落ちる姿を描く。

 オーディオコメンタリーでは、3人で作品を見ながら撮影当時の想いや裏話が語られた。本編がはじまって早々に、行定監督とプロデューサーは、松本の演技、とりわけ表情の素晴らしさを絶賛。行定監督は「プロデューサーから松本潤はどうか、と言われて、もともと持っていた松本くんのイメージと葉山が違うので、驚いた」と明かす。しかし「松本くんは強い印象があるので、この“弱い”部分のある葉山を松本くんで観てみたいと思った」とオファーした経緯を語った。

 一方松本は、撮影では「(感情を)抑えることを心がけた」という。また、「(有村が演じる)泉の記憶の中にいる葉山、というシーンが多かったから、泉の目線というか、泉がどう(葉山を)記憶しておいてほしいか、を意識して演じた。いつもの考え方とは違う演じ方をしていて、面白いアプローチだった」と振り返った。

 ヒロインを演じた有村については、「自分はこれだけ深い恋愛をしたことがないので、(演じきれるか)不安だ、とはじめは言っていたけど、いろんなことを理解して、いろんな表情で演じてくれた」と行定監督が絶賛。松本も、「有村さんがすごい思い入れを込めて泉を演じていて、それでぶつかってきてくれたことで、また自分(の演技)も引き出された部分があった」と加えている。

 また、ちょっとした手料理をするシーンでは、普段料理をするかが話題となり、松本は「絶対レシピ通りに作りますよ。目分量で作るなんて意味分からない」と発言。しばらく料理の話で盛り上がるなど、プライベートな話も交えたコメンタリーとなった。

 Blu‐ray&DVD豪華版にはこのコメンタリーのほかにも、メイキングやイベント映像集、ここでしか観られない未公開シーン集など計180分を超える特典が収録されており、ファン必見の内容となっている。

 映画『ナラタージュ』Blu‐ray豪華版(価格:6800円+税)、DVD豪華版(価格:5800円+税)、DVD通常版(価格:3800円+税)は5月9日(水)発売。Blu‐ray&DVD同時レンタル開始。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP