オッドアイの猫、おそろいの瞳を持つ少年と友達になる

同じを瞳を持つ友達 ※「maddenandmoon」インスタグラム

同じを瞳を持つ友達 ※「maddenandmoon」インスタグラム

同じを瞳を持つ友達 ※「maddenandmoon」インスタグラム同じを瞳を持つ友達 ※「maddenandmoon」インスタグラム同じを瞳を持つ友達 ※「maddenandmoon」インスタグラム同じを瞳を持つ友達 ※海外メディア「LoveMeow」のスクリーンショット同じを瞳を持つ友達 ※海外メディア「LoveMeow」のスクリーンショット同じを瞳を持つ友達 ※海外メディア「LoveMeow」のスクリーンショット同じを瞳を持つ友達 ※海外メディア「LoveMeow」のスクリーンショット同じを瞳を持つ友達 ※海外メディア「LoveMeow」のスクリーンショット

 左右で異なる瞳の色を持つオッドアイの猫が、完璧な友人と出会った。同じくオッドアイの少年、マデンくん7歳だ。オクラホマ在住の彼は、ミネソタで動物保護団体に保護されているその猫と運命の出会いを果たしたのだ。海外メディアLoveMeowが伝えた。

続きを読む »

 マデンは虹彩異色症という症状で生まれつき瞳の色が左右で異なる。マデンの母親クリスティーナ・アムフェリースさんは、息子と同じ瞳を持つ猫の存在を知り、すぐにマデンにぴったりだと思ったそうだ。

 その猫は2歳で、ミネソタ州のMending Spirits動物保護施設に保護されていた。同施設は「見た目も中身も美しい猫です。静かで小さな鳴き声が愛らしく、注意を引きたいときには優しくニャーと呼びかけてきます」。猫はマデンに会うなり体をすりつけ、1人と1匹はすぐに仲良くなったという。

 母親のクリスティーナさんは「親友になる運命だと分かっていました。ペットの存在で少し孤独を感じなくなるなんて、面白いものです」と語る。マデンくんは、ヴァレンタインと呼ばれていたその猫を新たにムーンと名付けたそうだ。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP