有村架純、教え子と禁断の恋 10月新ドラマ『中学聖日記』主演

ドラマ『中学聖日記』に出演する有村架純

ドラマ『中学聖日記』に出演する有村架純(C)TBS

原作:『中学聖日記』原作:『中学聖日記』

 女優の有村架純が、10月期火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)で主演を務めることが発表された。婚約者がいながらも10歳年下の中学生の教え子に惹かれていく女教師に扮する有村は「生徒と教師の禁断な恋愛ではありますが、爽やかな作品を目指して、切なさやずるさ、もどかしさを含めて、見てくださる方々の心を揺さぶる良い作品を作ります!」とコメントしている。

続きを読む »

 2016年の「an・anマンガ大賞」にも輝いた、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の同名コミックを実写化する本作の舞台は、片田舎の中学校。女教師の末永聖(有村)は、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・晶に心惹かれていく…。

 演出は『リバース』『アンナチュラル』や、有村の主演映画『コーヒーが冷めないうちに』で監督を務めた塚原あゆ子らが担当。脚本は、映画『羊と鋼の森』などの金子ありさが手掛ける。

 TBSの連続ドラマ初主演となる有村は「一言で表すと、新感覚。言葉にしようとすると、難しいです。ガラスを扱うような、そんな感覚。『中学聖日記』は、青春の1ページでは終わらない、壮大な恋愛物語だと思います」とコメント。

 自身の役どころについては「私が演じる聖は、一生懸命さが空回りする不器用なところがありながらも、ひたむきに教師という仕事と向き合っている女性です。思いがけない相手に惹かれていく役柄ではありますが、彼女と一緒に苦しみ、もがき、全力で生きたいと思います」と意気込む。そして「監督はじめ、キャストスタッフの皆さんと、精一杯頑張りますので、皆さん、禁断の恋に、ハラハラ、ザワザワ、ジワジワ、ドキドキしてください!」ともメッセージを寄せた。

 また原作者のかわかみも、「主演の有村架純さん(朝ドラ見てました!)の、純粋さの中に強さのある眼差しで、聖を演じていただけるのは本当にうれしいです。透明な素肌感も、聖と通じるところがあると感じます」とコメントし、「有村さんは手がとても美しい。手の表情にこだわって描いているので、そこも素敵なミラクルです」と有村の出演に喜びを明かしている。

 火曜ドラマ『中学聖日記』は、TBS系にて10月より毎週火曜22時放送。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP